2014年02月25日

イップス 克服マニュアル ---ゴルフ・ダーツ・野球etc...プロが教えるイップス克服法!!

94%の人が健康食品だと思っているものが実はガンを促進させている張....








イップス 克服マニュアル ---ゴルフ・ダーツ・野球etc...プロが教えるイップス克服法!!





























イップス克服マニュアル!!苦しいイップスも絶対に乗り越えられる

(注)このイップス克服法はダーツ以外のイップスも可能です。ダーツ以外のゴルフ・野球・テニス・卓球etc...の方は自分のスポーツに置き換えてみてください。

ゴルフ・ダーツ・野球etc...プロが教えるイップス克服法!! イップス研究所所長 河野昭典氏協力 イップス克服マニュアル イップス研究所所長

河野昭典氏×プロダーツプレイヤー(日本ソフトダーツ協会3年連続日本代表) 草薙彬人















河野 昭典氏

横浜催眠心理研究所所長 イップス研究所所長

医療催眠療法の第一人者、"医学博士 故 森定一先生"の第一後継者である日本催眠心理研究所(代々木心理オフィス)の"米倉一哉所長"の指導・研修のもと、『カウンセリング』『精神分析』『催眠療法』を三本柱にした心の通った臨床と施術を学び、当横浜催眠心理研究所、イップス研究所を設立。そして現在、多数のスポーツ選手のケアにあたっている。

先生についてもっと詳しく知りたい方はコチラ









イップスで悩んでいる貴方へ、河野先生からの一言です。





この度、草薙さんの取材のご依頼をいただき、

今の私の感じていることをこの様にまとめていただいたことを感謝申し上げます。



イップス”という言葉は聞いたことはあるけれど・・という認識でいた数年前の私は、

催眠療法、スポーツメンタルという仕事上、クライアント一人一人と向き合ううちに、

様々な経験や勉強を重ね、病気ではないのではないか?

と感じるようになりました。



決して、治す、治療する・・というものではなく、ご本人が受け入れ、

乗り越えていくことが、改善への道なのだということを確信しました。

この本を通じて、気持ちと思いが絡まってしまっているような方に、

何か感じていただけて僅かでもヒントにしていただけたらと

草薙さんと共に願っております。



最後に、“イップス”という症状は、とらわれてしまうと病気のように感じてしまい、

治そう治そうとして、(努力逆転と言いますが、)悪化させてしまう困ったものです。

しかしながら、観方を変えると、“イップス”にかかるということは、能力の高さや、

向上心の思いの強さの証明であり、乗り越えた時には、かかる前の考え方、

生き方をさらに生きやすく、自分らしい人生を手に入れることができる

大きなチャンスでもあると信じています。



そうは言っても、“イップス”の症状は、辛く苦しくなかなかチャンスとは

思えないかもしれません。どうぞ、自分自身を信じてください。

決して無意味なことでは無いことを忘れないでいただければ幸いです。





今まで好きで頑張ってきて、一生懸命努力してきたのに

ある日突然思うように体が動かなくなってしまうイップス...。



そのうちイライラしてきて、だんだん嫌気もさしてきて、

「たかが趣味になんでこんなに苦しまないといけないんだ...?」

と、諦めてしまいます。それでも、好きだからまた、やってはみるものの、

やっぱり投げれず...そんなことの繰り返しだったと思います。

周りで見ている仲間も、一緒に投げている仲間が苦しそうだと何だか気まずくなってきて...

本人も周りも、ものすごく苦しい思いをしながらだんだん楽しめなくなってしまう...。

私も、かつての一緒にしのぎを削っていた仲間でありライバルであった人がイップスになってしまい、

ダーツをやめてしまった時は非常に寂しい思いをしました。



だからこそ、今、みなさんに伝えたいことがあります。



まだ、諦めないでください!!

あの、楽しかった頃を取り戻すことは可能です!!



実はイップスを克服するのは難しいことではありません。

あることを知っていれば絶対に克服することができるのです。











ご紹介遅れました。

私、JSDA(日本ソフトダーツ協会)3年連続日本代表で

プロダーツプレイヤーの草薙 彬人(くさなぎ あきと)と申します。

ダーツ業界では「にくきゅ〜」のニックネームの方がなじみが深いでしょうか。

こちらでは、私の経歴などは大して重要ではないと思いますので

よろしければ、コチラをご覧下さい。







今回、横浜催眠心理研究所・イップス研究所の所長でもある河野先生にご協力いただき、

このような企画を立ち上げました。きっかけは、ホント単純なことでした。



イップスを治してあげたい人がいたんです。



Tさん...



「あなたにダーツを投げる楽しさを取り戻して欲しいこと。」

「あなたがイップスを克服して、苦しみから開放されて欲しいこと。」

「あなたがこれからも楽しくダーツを続けていけるようになって欲しいこと。」



ただ、それだけでした。



ちなみに、Tさんとは、かつての一緒にしのぎを削っていた

仲間でありライバルであった彼のことです。



「それだけって簡単に言うけど...」



たいていの人はイップスは一度かかってしまうとなかなか治らないものです。

彼にはイップスの本をプレゼントして読んでもらったもののあまり効果はありませんでした。

治ったと思っても再発したりと苦しみとの戦い...

もし、あなたもイップスで苦しんでいるのでしたら彼の気持ちは痛いほどわかるはずです。



「こんな辛いならやめてしまおう」

「たかが趣味なのにそこまでして...」



あなたがそう思ってしまうのにもうなずけます。。



確かにそういった職業の方でもない限り、「そこまでして...」という

気持ちになるのは当たり前のことです。

専門機関に通って治すにしても実際問題として敷居が高いと思います。



しかし...



話は戻りますが、あることを知っていればイップスは絶対に克服できるのです。

あなたもこの方法を知れば、イップスを克服することができ、

以前のように楽しくダーツを投げれるようになります。



【正直ダメもとでした。】



私が先生のもとを訪ねようと思ったときの話です。



・これだけみんなが苦しむイップスを専門機関に通わず治す方法はあるのだろうか...

・それでいて、自分ひとりでも実践可能で、誰でも実践できるそんな都合のいい方法はあるのだろうか...

・そして、仮にそんな方法があったとして、それを自分が伝えてあげることが出来るのだろうか...



そもそも、そんな都合いい方法があるなら誰もイップスに苦しむことなんてないだろうし、

それに、私のしていることは「先生の所の企業秘密を教えてください」と言っている様なもの...

正直、怒られるのも覚悟していました。

そして、先生にお会いして失礼を承知ながらに恐る恐る聞いてみました。



「大丈夫ですよ。お教えしましょう!」



驚くことに、なんとも快く受けていただけました。

ホント河野先生には非常に感謝しております。



しつこいようですが、



あることを知っていればイップスは絶対に克服できるんです。

あなたもこの方法を知れば、イップスを克服することができ、

以前のように楽しくダーツを投げれるようになります。



先生の話を聞いているうちに私自身いろいろな驚くことがありました。

対談テープ(※マニュアルのおまけ)でも触れてますが、自分自身もイップス予備軍だったのです。







自分がいかにイップスについて間違った考え方を持っていたか。



イップスは誰でもなってしまう要素があるということ。



イップスは技術的なもので治そうとしても

簡単には治せないということ。



しかし、ある簡単なことを知っていれば事前に対策も出来るし、

必ず克服できてしまうということ。







しかも、驚いたのはそれだけではありません。

このあることを知ると次のようなことも解決できるようになります。







なぜ急に調子が悪くなったりスランプになったりするのか



スランプになったらどうやって抜け出したらいいのか



緊張する場面での落ち着かせ方



イップスの再発を防ぐことが出来るようになる



イップスになった友達を助けてあげることが出来る







告白します。



その後、実は私自身、軽いイップスになりました。

対談当時から抱えていたイップスの種が芽を出してしまいました。

しかし、1週間もかからずに克服することが出来たのです。



大事な試合の前でしたから、もし、先生の話を聞いてなかったらと思うとゾッとします。

先生の話を聞いていたから「イップスか...」とすぐ気づくことが出来たし、

本当に早いうちから対処出来たので悪化もしませんでした。

きちんと対処できたから良かったものの、もし、それがなかったら

きっと、イップスで苦しんでいるみなさんと同じように

どうしたらいいか頭を抱え込んでしまっていたことでしょう。



あなたはもがけばもがくほど悪化してしまうイップスと戦い続けますか?

それとも、ある方法を知ってすぐにでも克服して、以前のように楽しくプレイしたいですか?



さて、このイップス克服マニュアルですが残念ながら、さすがに無料でというわけには行きません。

ですが、全く内容がわからないのでは不安だと思いますので、

目次だけ少しご紹介します。

■第1章 【準備】〜絶対に守って欲しい一番大事なこと〜



1-1 絶対に守ってください!!

1-2 心の傷にメスを届かせるには…



■第2章 イップスの仕組みを理解しよう



2-1 イップスとは?

2-2 こんな些細なことが、後で大変なことに…

2-3 緊張するときにこんなこと考えてませんか?

2-4 人間のメカニズム

2-5 失敗に向けての準備をする彼らは…

2-6 ●●には意思がある



■第3章 なぜイップスになる? 〜病は気から!!精神的要因〜



3-1 イップスは自信のある人がなりやすい

3-2 なぜ、●●するとダメのか。

3-3 悪い暗示・思い込み



■第4章 なぜイップスになる?〜技術面での要因〜



4-1 「型にはまる」危険性

4-2 指導者の言うことは絶対!?

4-3 ちゃんとする必要はありません!!

4-4 大事なことを忘れてませんか?



■おまけ1 上手い人から見て学べ!? 「真似」について

■第5章 上手い人から見て学べ!? 「真似」について



5-1 なんと90%以上が…

5-2 あの中田やイチローまでもが…



■おまけ2 潜在意識・潜在能力

■おまけ3 直感

■第6章 イップス克服法



6-1 イップスの克服に一番大事なこと

6-2 イップスは嫌なやつじゃない!?

6-

???


posted by おじゃるる at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球・ピッチングのすべてがここにあるベストピッチング・プログラム

小学生の家庭学習 パソコンを使って自宅で勉強
























































-->

]]>-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->

-->













野球・ピッチングのすべてがここにあるベストピッチング・プログラム



































 【野球】元千葉ロッテマリーンズ黒木流『ベスト・ピッチング!プログラム』





 















もし、あなたが、



球速アップ、カーブのキレが増す方法をお探しであれば、



このサイトは必ずお役に立てます。
















なぜなら、誰でも効率よく球速アップでき、カーブのキレを増すことができるある方法を

お伝えするからです。





まずは、その「ある方法」を実践した方たちの声をご覧下さい。


 





 





 









この方たちは一体何をしたのか?

なぜ、この練習方法で、

一気に球速アップや変化球のキレを増すことができるのか?





5、6分、このサイトを読んでみて下さい。



その方法を初公開していきます!



 









AC_FL_RunContent( 'codebase','http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,0,0','width','480','height','360','id','FLVPlayer','src','FLVPlayer_Progressive','flashvars','&MM_ComponentVersion=1&skinName=Clear_Skin_3&streamName=image/kuro_op1&autoPlay=false&autoRewind=true','quality','high','scale','noscale','name','FLVPlayer','salign','lt','pluginspage','http://www.macromedia.com/go/getflashplayer','movie','FLVPlayer_Progressive' ); //end AC code



















 



  







 



  











申し遅れました、千葉ロッテマリーンズ・スカウトの黒木純司と申します。



現在プロ野球のスカウトとして、アマチュア選手のプレーを年間何千人と見続けてきました。



私は数え切れないほどのピッチャーたちの問題や、様々なピッチングに関する悩みを

解決してきました。





「ピッチングの悩みを解決?



・・・そんな簡単な問題じゃないよ」





と、

あなたの声が聞こえてきそうですが、

辛いカーブがカミソリのようなカーブへ一変する、その方法の全てを今からお伝えしましょう。



 

















私は偉そうに、





「球速アップ」



「大きく曲がるカーブ」



「ピッチャーの悩みを解決できる」






なんて言っていますが・・・





実は正直に本当の事を言うと、私こそ子供の頃にココで悩んでいたのです。



野球を始めたあの日。



これから始まる野球人生に胸をふくらませ、

エースを夢見て入部したものの・・・



少年野球、中学、高校と野球を続けてきた私ですが、

常にライバル達との競争の日々。



ライバルに勝たなければ背番号1を付けることはできない・・・





「やってやろう」





と、いう気持ちで必死に努力をしましたが、現実は・・・





いくら練習しても、カーブ回転が治らない。





伸びのあるストレートを投げるにはどうしたらいいのか・・・





監督に聞いた。



走り込みも毎日やった。



何百球も投げ込んだ。



先輩からボールを握り潰す感覚と言われた。





それなのに・・・





なんでカーブ回転が治らないんだろう?」



自分が才能がない人間のように思え、泣きたくなり、 本当に情けなかったです。





そして時間が経つと・・・

ライバル達に差を付けられていく。



ベンチを温める日々が続く。



そしてクサる。





何度も、何度も、いくら練習をしても、 球が速くなるどころか、

遅くなってしまったんじゃないかと思うほど何も変わらないのです。





次第に私の心は折れかけて、周囲に対して気配りをする余裕もなくなり、

野球をやめようかとも思いました。





「伸びのあるストレートを投げるって、こんなにも難しいことなのか?





一体どうしたらいいのか?誰か教えて・・・」





                     









 

 















そしてそれから・・・実は、状況は180°変わり

私は今までが嘘のように速い球を投げるようになることができたのです。





なぜ、たった95キロしか出せなかった私が153キロへと一変したのか?





それはね・・・

ある法則を知ってしまっただけなのです。





重心とリリースの法則です。





たったそれだけです。





「たったそれだけって?



そんな簡単に言うけど・・・」





もしかすると、そう言いたくなるかも知れませんね。





しかし私は、その法則を使い、あっという間にカーブ回転の悩みを解決し、

自分の球筋を一変させただけなのです。





そして実際に、数え切れない方のピッチングの悩みを、

その法則により一変させてきました。





その法則の全てを、あなたにお伝えします。





なぜなら、あなたもきっと、





「伸びのあるストレートを投げるには



どうしたらいい?」







「ピッチャーになりたくてもなかなか良い球を



投げれないのが現実」





と、とても頑張っていらしゃったと思います。





私もそうでしたので、そのお気持ちよく解ります。





そして色々悩んで、ピッチャーについて色々な本やサイトなどで勉強したと思います。





だからこそ、あなたに、球速や変化球のキレが一変する法則を全てお伝えします。





だってね・・・頑張ってるのに報われないなんて、悲しいじゃないですか。





練習すればするほど、球が速くなっていくことを実感できることこそ、

野球をやっている、ピッチャーをやっている醍醐味だと思います。





それを、あなたやあなたのお子さんにも実感して頂きます。





それがこのサイトの目的です。





「それが目的って言っても、うちの息子には



無理ですよ。

全然才能ないし・・・」





そうですね、そう思うのも無理はありません。



確かに、「才能がなければ、」「身体能力が高くないと・・・」って、



普通ならそう考えますよね。



私自身、同じことを考えてかなり苦労したので、その気持ちは痛いほど分かります。





でもね・・・





伸びのあるストレートを投げること、キレのあるカーブを投げることって、

そんなに悩むようなことではなかったんです。





そもそも才能があるとか無いなんて、誰が何を基準にして決めるんでしょうか?





身体能力が高い選手だって、周りに何人もいないはずです。





だから、あなたが自分に才能が無いなんて思わなくて全然いいんです。





誰もが持っているピッチングの素質を伸ばしてあげればいいだけですから。





ここ重要なので繰り返します。





誰もが持っているピッチングの素質を伸ばしてあげればいいだけですから。





事実、私は、社会人野球を経てプロ野球選手として活躍することができましたが、

元々速い球を投げられたわけではないですし、ましてカーブのキレなんてない、

ションベンカーブしか投げられなかったんですから。





つまり・・・





才能なんてものは、はじめから誰もが持っているものなんです。



その才能の引き出し方さえ知ってしまえば良いだけなんですから。





その方法さえ知ってしまえば、あなたのピッチングが劇的に変わるのなんて

至って簡単なことなんです。



恐らく、あなたが今、「速い球が投げたい!カーブの切れ味を増したい!」 と思いながらも、



なかなか思うように上達できないのは、以下のような方法で、練習をしているから

ではないでしょうか?





1.自分の経験、他人の経験から、こうだ!と思い込みで練習している。



2.監督やコーチに言われたとおりの練習方法しかしていない。



3.とにかく練習量が多ければいいと思い、やみくもに練習している。



4.筋力が必要だと思い、とにかく筋トレをやっている。





どうです?違いますか?





ズバリ言いましょう。





あなたが、この方法で、ピッチングを上達しようと思っているなら時間の無駄です。



なぜなら、この方法だと、故障するか、運が良くても並みのピッチャーに しかなれないからです。



まず、この方法だと、何をどうやって伸ばすのかが明確でない・・・



ここで、多くの選手が間違った方向に向かってしまいます。





先にも言いましたが、良い練習法や指導法なんて、周りを見渡しても、

そうめったにあるものではありません。



そして、自分がこうだと思い込んだ方法で練習しても、まったく上達 しない・・・



だから、野球は才能がないと上手くならないんだって諦めてしまう。



一番、自分を納得させられる言い訳ですからね。







「黒木さん、じゃあ、一体どうすれば



良いんですか?」







はい、





1.ある方法で、正しい投球フォームをチェックし、そのフォームと

  自分の投球フォームの違いを確認する。



2.投球フォームの違いを確認できたら、正しい投球フォームで

  ボールを投げてみる。





たったこれだけです。





「コレだけって簡単に言うけど・・・」





きっとあなたは、そう思うかもしれません。





でもね、





私は現実にプロ野球選手になることができました。



プロ野球選手として、現在WBCやメジャーリーグで活躍するような

あのスター選手から三振を奪うことができるようになったのです!



そんな有名な選手から三振を奪うなんて!最高の気分ですよね!



だけど、あなたもその方法さえ知ってしまえば、あなたのお子さんが、

「あの選手から三振を取ったよ!しかも全打席!」 と、あなたの目じりが下がってしまうような

嬉しい報告を聞くことができるんです!





















この様に、あなたも「キレのあるボールを投げることができる」のです。





「・・・・じゃあ具体的にどうすればいいの??」





はい、そんなあなたの為に、





“ベスト・ピッチング!プログラム”





という特別マニュアルを作りました。





このマニュアルには、球速アップの方法から鋭く曲がるカーブや変化球まで、

ピッチングの全てを詰め込んでいます。



あなたが思うようなボールが投げられないという悩みから開放され、

今までの自分は何だったんだと思うほどのボールが投げられるピッチャーへと

一変させる方法の全てを、具体的に、明確に伝えるものです。



ですから、どんな状況でも、





「こういう場合はどうすればいいのか?」





「具体的に何をすれば、球速アップ、キレのある



カーブを投げることができるのか??」





が一目で解るようになっています。





私が思

???
posted by おじゃるる at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【野球 球速アップ】 少年野球、高校野球、大学野球、社会人野球まで実践可能!

先着500名限定 あのDMMを使った利益の出し方があります! 








【野球 球速アップ】 少年野球、高校野球、大学野球、社会人野球まで実践可能!

























『ジョニー黒木の“魂のエース”育成プログラム』









元千葉ロッテマリーンズ魂のエース「黒木知宏」が開発!

実践後、直ぐに効果の出る「魂のピッチングプログラム」を知れば



強打者が手も出ない最強のストレートがあなたの武器になります!





最強のピッチングの秘密を無料メルマガで公開中!











登録フォーム





お名前(姓)











お名前(名)











メールアドレス















































もし、あなたが上記のいずれかに当てはまったのであれば

この手紙はきっとあなたの投手人生に大きな変化をもたらすでしょう。



なぜなら、このページに書いてある事は球速アップに欠かせないと言われている筋力トレーニングや走り込みを一切行わず、たった14分56秒で球速を10km以上アップさせる今までにはなかった球速アップ方法だからです。



「球速を10kmもアップさせるのは簡単じゃないと思うのですが?」



と、思われたかもしれませんね。

では最初に“その証拠”をお見せしましょう。







 

岩井 尚斗くん 小学5年生

《 70km/h → 82km/h 》 12km/h UP!

 

今までは、腕をしならせる

ということの意味がわからなかったのですが、

教えてもらった通りにすると、

無理なく腕がしなるようになりました。


 

この調子でもっと速い球を投げられるようになりたいです。

もっといろんなことを教えてもらって、

ピッチャーとして活躍したいと思います。







 

平井 裕也さん 25歳

《 125km/h → 139km/h 》 14km/h UP!

 

社会人になり草野球チームに入りました。

中学、高校と野球をやっていて、外野を守っていたので、

今のチームでも外野を守っていましたが、

チームにピッチャーが少ないのと、私の肩が強いのもあって、

ピッチャーをしてほしいと言われました。

 

そこで、ピッチャーをすることになったのですが、

ストライクゾーンにボールもいかない、

ストライクゾーンにボールをもっていこうとすると、

球威がなくなって打たれてしまうといった状況でした。

 

そんな時に出会ったのがこのプログラムでした。

この練習法を始めて、思いきり力をのせて球が投げられるようになり、

ボールに伸びがでてきました。


 

おかげさまで、現在、チームのエースピッチャーとして

マウンドを任せられていますが、もっと球速を上げたいと思っています。

 

本当にありがとうございました。







 

島田 博志さん, 翔くん(息子さん)

《 97km/h → 112km/h 》 15km/h UP!

 

中学校2年生になる息子が野球部に入ってます。

 

息子はチームでピッチャーをやっていますが、

そのチームには現在ピッチャーとして活躍している別の子がいます。

 

しかし、息子もやる気をみせていたので、

親として何か手伝ってやれることはないかと思ったのですが、

私は野球の経験がまったくないので、練習を見てあげることもできませんでした。

そんな時にこのDVDをインターネットで見つけました。

 

私自身、黒木選手のファンだったので、その黒木選手に教えてもらえるということで

私も興味を持ち、息子と一緒に見ることにしました。

DVDは、初心者の私でもできる簡単なトレーニング法で、

息子と一緒に練習することができ、練習を見てあげることができるようになりました。

 

私が一緒に練習していて感じることは、

最初の頃より、息子の球速が明らかに上がってきているのです。

 

監督からも、いい球が投げれるようになったと言われたらしく、息子も喜んでおります。

そして、今では2枚看板としてチームでピッチャーをしてます。

さらに、息子も練習の効果を感じているからなのか、

練習へ取り組む気持ちが今まで以上に感じ取れるようになりました。

 

しかし、息子に投球練習をしたい気持ちもわかるけど、

ケガをしない体づくりも大事だ と息子に言い聞かせています。

次は変化球の練習もさせたいと思っています。

 

このDVDに出会えて本当によかったと思います。

















1973年12月13日生まれ

宮崎県出身

延岡学園 ― 王子製紙春日井 ― ロッテ

愛称「ジョニー」でロッテファンならずとも多くの野球ファンに親しまれている。1995年千葉ロッテマリーンズ入団。1年目から小宮山、伊良部等とともにローテーションの一角として活躍。



その後、最多勝、最優秀勝率など数々の賞を獲得し、リーグ、そして球界を代表する投手となり日本代表としてシドニー五輪にも出場。2001年から怪我に悩まされ続けるも、2005年に執念の復帰を果たし、2勝をあげチームも31年ぶりの日本一を達成!



しかし、2007年10月戦力外通告を受け、惜しまれながらも同年12月に現役引退を発表。



現在、ニッポン放送、 BS12 Twellv において野球解説を勤める傍ら、「ジョニープロジェクト」を立ち上げ、自らを育ててくれた「野球」の更なる発展、普及活動に力を入れている。









1995

千葉ロッテマリーンズ ドラフト2位 入団







1998

最多勝、最高勝率 / オールスター出場







1999

オールスター出場







2000

9月月間 MVP受賞 / シドニー五輪日本代表







2001

5月月間 MVP受賞







初登板

95年4月6日 対ダイエー(千葉マリン)







初勝利

(初完投・初完封) 95年6月30日 対日本ハム (東京ドーム)







1000投球回

2000年9月13日











はじめまして、元千葉ロッテマリーンズの黒木知宏です。

現役時代から「ジョニー」の愛称で親しまれていたので

ジョニーと言った方がピンと来るかも知れませんね。

 

私は2007年に現役を引退してから「ジョニープロジェクト」と称し、日本各地においてピッチングトレーニングを少年野球の子供から社会人に私が現役時代で培ってきたノウハウを伝えているのですが、その活動を通してハッキリと言い切れる事があります。







一般的に球速アップに必要と言われているのは







です。

このトレーニングの目的は速い球を投げる為に必要な筋肉をつける事なのですが、一生懸命走り込んだり、重いダンベルを担いで筋肉をつけたとしても、それが必ずしも球速アップに繋がるワケではありません。





少し考えてみましょう。

筋肉を付ければ球速が上がるのならば、ボディビルダーやプロレスラーの方々は誰でも早い球を投げれるという事になります。でも、実際は違いますよね。





また間違った筋力トレーニングをしてしまうと、固い筋肉になってしまい、投手として大切な柔軟性が失われてしまい、球速アップどころか、逆に球速が落ちてしまう危険性もあります。





もう少し突っ込んで話をすると、筋力とレーニングや走り込みは野球以外のスポーツでも行われている事ですし、野球においても特別投手だけのメニューではなく、野手にも必須の練習内容です。





つまり、走り込みや筋力トレーニングは早い球を投げる為の

前提部分であり、球速アップに直接関わっていないという事です。





では、速い球を投げる為には何が必要なのでしょうか。

それを今から詳しくお話していこうと思います。









と、ちょっと偉そうな事を言っている私ですが、

そんな私もプロ入り前は最高球速が130kmの技巧派投手として

投球術を駆使してバッターと対決をしていた時期があります。





私は、体が大きいワケでも、肩が強いワケでもなかったので

???
posted by おじゃるる at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。